サラリーマンが副業する7つのメリット|絶対にWワークすべき理由とは?

こんにちは!

1491975058937.png

ながら、と申します。(^^)

今回は、
ちょっと、小休止、とゆうカンジで。

【号外】的な、
おすすめビジネスをご紹介させていただきますね!(*´∇`)ノ 

ほら、
そこのあなた!

ココで、ページを飛ばさないでっっ

絶対に、損しますよ。。。


では、
ここから、本題です。(^ー゜)ノ


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

みなさん、副業してますか?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


・副業

・Wワーク

・パラレルワーク

・フリーランス…


言い方や方法はいろいろありますが、
昔はとってもイメージが悪かったですよね。(!^^)

最近では、
やっと、その辺の認知や理解が広がってきて
嬉しい限りです。

わたしも、副業のエヴァンジェリスト(伝道者)として
日々、普及活動にまい進したいと思う所存です

私なんて!
副業に出会っていなかったら、
どんなに惨めで、
底辺な人生を送っていたか分かりませんからね…。

恩返しのつもりで頑張っています!


さて、そんな今回は、
サラリーマンをしながら副業をするメリットをまとめてみました!


目次

1.会社へ依存しなくなる

2.収入が安定する

3.公的保険が充実している

4.知識や人脈が広がる

5.時間の使い方が変わる

6.お金を作り出す力がつく

7.転職にも役立つ




1.会社へ依存しなくなる
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


会社に依存しなくてはならないというのは、
辛いものですよね・・・


・毎朝まだ暗いうちから布団を出て、

・地獄のような満員電車にゆられ、

・毎年きつくなるノルマに追われ、

・上司に好かれなくてはならないし、

・嫌な仕事もやらなきゃならないし…、


もし、
あなたが副業で成功することができれば、
このようなストレスやプレッシャーから解放され、
心に余裕が生まれてくるでしょう。

副業で、
それなりの収入が得られるようになってくると
会社への依存度は、自然と低くなるはずです。

さらに、
副業の収入が、
本業のそれを超えるようになれば、
会社へ頼ろうとする気持ちはほとんどなくなります。

会社に頼らなくてもお金を稼げますから、

「いざとなったら会社なんていつでも辞めてOK!!」という状態になるわけです。

そこで辞めないように、
自分の気持ちを上手にコントロールしないと、
サラリーマン副業の醍醐味を味わえませんので、
ご注意くださいね。(^^)


2.収入が安定する
〓〓〓〓〓〓〓〓〓


これは、
当たり前すぎて、
書く必要はないと思いましたがあえて書いておきます。

サラリーマンが安定しているから…
ということではありませんよ!笑

最近では、
大企業のサラリーマンでさえ、

・突然の異動

・転勤

・業績の悪化

・リストラ…


などなど、
およそ安定とはいい難い状況ですよね。(泣)

しかし、副業をしていれば、
その問題は解決したも同じです。

副業をすることで、
あなたの収益源は最低でも2つ、
場合によっては、
3つ4つと増えていくでしょう。

私自身も、
細かく分ければ、
現在8つほどの収益源を常時キープしています。(笑)

収入源を分散しておけば、
どれか1つがダメになっても、
他のものがカバーをしてくれます。

少なくとも、
収入がゼロになるということはありません。

つまり“リスク回避”という意味でも、
副業は重要な役割を担っているのです!


3.公的保険が充実している
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


これもあえて書いておきます。

会社員をしていると、
あまり実感しにくいかもしれませんが、
サラリーマンの最大の魅力って、

公的保険なんですよね。


公的保険とは、

労働保険(雇用保険・労災保険)

社会保険(厚生年金・健康保険・介護保険)

のことです。

日本の公的保険は、
世界でも類を見ない優秀な制度ばかりなので、
絶対に入っておいて損はありません。

もちろん、
保険なので、毎月のお給料のなかから、
保険料を徴収されているわけですが、
会社務めのひとは、
その半分(ものによって違うが)を
会社が負担して、
支払ってくれているのです。

もし、
個人で独立したり自営業をする人は、
全額を、
自分で支払わなくてはなりません。

その差は歴然です。

つまり、日本人ならば、
会社務めをして公的保険制度の恩恵を受けないと
とっても損をするんだよ!ということです。


4.知識や人脈が広がる
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


人間、
ひとつのことを長期間続けていると、
考えかたが、こりかたまり、
新しいアイデアや発想が生まれてこなくなります。

とくに、
プロブロガーなんて職業は、
自宅にこもって、物書きをする時間が、
どうしても長くなってしまいますから…苦笑

自分から、積極的に、
どんどん外に出ていくための努力をしなくては、
知識も人脈も広がりませんよね?

本業をもっていれば、

たくさんの情報や知識、

人とのつながり、を、

放っておいても築くことができます。

もちろん、
それを副業にも活かすこともできます!

わたしは、本業では、
企業のプロモーションやマーケティングを担当していますが、
仕事で得られる情報や人脈が、
ものすごく副業に役立っています。

逆に、
副業で得られた知識やノウハウは、
本業にも役立ちます。

この相乗効果は、
とても大きなメリットなんですよね。(^^)


5.時間の使い方が変わる
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


サラリーマンをしながら、
副業をしていると、
とにかく、
忙しく時間がありません。まあ、あたりまえですよね。(!^^)

だから時間の使い方や、
時間に対する意識自体が、
今までとは大きく変わってきます。

ムダな時間や非効率な作業が、
許せなくなりますし、
ほんの少しのスキマ時間を見つけても、
何かに有効活用しようと工夫するようになります。

時間というのは、
金持ちにも貧乏にも天才にもバカにも、
誰にでも、
等しく公平にあたえられている、
とっても貴重なあなたの財産です。

これをどう活用するかが、
あなたの人生を大きく左右するのです。

ぜひ、
人生の早いうちに、
時間の大切さに気づいておきたいですね。(笑)


6.お金を作り出す力がつく
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


副業をするということは、

あなたが

社長で、

営業で、

マーケッターで、

プロモーターで、

経理で、

総務になるということです。

会社みたいに、
自分が、多少サボっていても、
誰かが何とかしてくれるということはありません。

やってもやらなくても、

失敗をしても成功をしても…

100%自分に跳ね返ってきます。

自分がやらないと売上は0円、
完全なる自己責任ですよね。

そんな環境で、
努力を積み重ねていくうちに、
あなたには着実に
“力”がついてきます。

力とは、
自分ひとりで、
ゼロからお金を作り出す能力やセンスのことです。

これは、
「自分でビジネスをする」という体験のなかでしか養えない、
なかなか貴重な能力なんですよね。

そして、副業で得たものは、
かならず本業にも良い影響をあたえます。

積極的に、自発的に、
仕事に取り組めるようになり、
あなたは
“できる社員”に、
生まれ変わることができるのです!


7.転職にも役立つ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓


あなたが、
プライベートで起こした事業で、
ある程度の成功をおさめることができれば、
意識(というよりも世界観)が変わり、
自分に自信がもてるようになります。

そして、何よりも、
それは紛れもないあなたの
“実績”になります。

転職の面接では、

あなたがどんな仮説を立て、

どんな努力をして、

どんな失敗をして、

どう克服して、

どんな経験や学びを得たか、を、
リアリティをもって話しましょう。

企業というのは、
自発的に自立的にプロジェクトを
動かすことができる人材を欲しがりますから、
プライベートでの実績は、
あなたの評価を大きく上げることにつながります。

ちなみに、
私は副業での実績を武器に、
大手上場企業への転職を成功させました。

もちろん、
副業をやっていたこと、
今後どうするのか?
などについては、
上手い言いかたを考えなくてはダメですよ。



さて、いかがでしたか?

世の中には
「とっとと会社を辞めて自分のやりたい事に専念せよ!」

なんて、
無責任なことを言う社会不適合者もいますが、
ダマされてはいけません。

本業のお給料なんて、
複数ある収入源の一つにしか過ぎないのですから、
貰うべきものは貰っておけばいいのです。

個人事業主で独立なんて、
サラリーマンよりよっぽど大変ですよ。

辞めたら絶対に後悔しますから。
マジで。

サラリーマンをしながら、
副業をするWワークこそ、
お財布にも心にも、
余裕をもてる最高の状態なのです!



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
Wワーク初心者にお薦めの副業
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


「ビジネス」

スマホやパソコンを使用した仕事ですので
誰でも簡単にできますし、
学生や主婦の方、
シニア世代の方、
通勤や寝る前のちょっとした時間にできて、
毎日忙しい方でも続けられる!という事で、
初心者にはお勧めの副業です!

気になる方はぜひチェックして下さい!



本日も、
最後までお読みいただき
ありがとうございます!


今日は、
ちょっと、
何時もとは、趣向の違った記事で
お届けさせていただきました。


たま~には、
こんなカンジも好いかな?なぁんて。


では、また。。。

この記事へのコメント